解説-極醒の執行者・メタトロン

投稿者:

戦闘力という面ではすごく強いです。–高HP、高火力、軽減(25%)–

メリット

・サブが揃えば強い
サブの適正モンスターは限られるが、揃えば高HP、軽減あり、高火力の強リーダー。

・LSで安定して軽減を貼れる
6コンボ盤面がほぼ存在しないため、ほぼ確定で毎ターン軽減を貼れる。LSのリダフレ時HP4倍と合わさり安定感は抜群。

・自身が無効貫通持ち
最近増えてきている無効もちモンスターに対して有効。そのため、まだ新しいダンジョンにおいては適正といえるでしょう。自身の2色陣も無効貫通と相性バッチリ。

デメリット

・低難易度の長階層ダンジョンと3人マルチに向かない
LSがHP減少系ですが、編成できる自傷スキルの数には限界があるため、追い討ちや回復のオチコンがあると長階層ダンジョンの場合スキルが足りなくなります。これがソロなら敵からダメージを受ければいいんですが、これを3Y闘技場などでやると、1撃で80%以下にならないうえ、なにより他のプレイヤーに迷惑をかけるだけです。

・編成難易度が高い
闇メタがリーダーとして強いのはあくまでサブが揃っていることが条件です。よく見かける自傷スキルが闇メタ本人しか持っていない編成、これをみて闇メタが最強リーダーなんて言えるわけないですよね。あくまでサブが揃っていての最強リーダーです。闇メタは他のリーダーに比べて自傷スキルが必要となるため編成難易度が高く、決して初心者向け、使いやすいリーダーとはいえません。

・火力に安定感がない
自傷系LSもちの全てのリーダーに対していえることだが、追い討ちや回復のオチコンでHPが回復してしまうため、毎ターン安定して最大倍率を出すのが難しい。とくに長階層のダンジョンでは自傷スキルの不足によりこれが目立つ。

編成について

・サブに自傷スキルは複数体編成。
・無効貫通を必要とするダンジョンの場合、コンボ加算。
・自身、サブ候補ともにHPにたいして回復力が低すぎるため、毒耐性。
・意外と忘れがちな追い討ち

サブのオススメ
転生ルシファー(闇光)→自傷+覚醒スキルによる火力要員
エイル→回復力アップ+覚醒無効、バインド回復+回復生成

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です