スムーズな話し合いにおける「司会」の在り方–高校生編

投稿者:

高校生活を送ったことのある人なら誰しも経験があるであろう「グダグダな話し合い」
この「グダグダな話し合い」の原因ってほとんどが司会にあります

この記事ではスムーズに話し合いを進めるコツを紹介します
うまく意見をまとめられない、話し合いがスムーズに進められないっていう方は参考にしてみてください

注:今回紹介するのはあくまで高校生以下での話し合いにおける方法です

話し合いの司会を務めるうえで大切なことは大きく分けて3つ

  1. 目的をハッキリさせる
  2. 準備をして話し合いに臨む
  3. 話し合い中は司会が常にペースを掴む

目的をハッキリさせる

「話し合い」は大きく2つに分けられます

・結論を出すための話し合い
高校生活での例→「学校祭での学級企画を何にするか」など

・ただひたすら意見を出す話し合い
高校生活での例→「学級でのルール決め」「宿泊学習での反省」など

これから行う話し合いがどっちなのかを自分でも意識するのはもちろん、参加者にも共有し、話し合いの方向性を決めることが必要です

準備をして話し合いに臨む

これは結構重要ですが、できてない人が多いです

・参加者について知る
例→やる気のある人がどれくらいいるのか、発言できそうな人はどれくらいいるのかなど
※個人を細かく知っておく必要はありません

・参加者の中で人望がある人、発言力のある人と仲良くなっておく
これは自分に人望、発言力がないほど重要になります
自分だけではどうにもならなくなったときに助けを求められるので是非仲良くなっておきましょう

・(意見を求める話し合いの場合)自分でも意見をいくつか用意しておく
もし意見が出なかった場合でも、自分の用意しておいた意見があればなんとかできます
というか自然になんとかなります

話し合い中は司会が常にペースを掴む

◯司会は常に喋り続ける

↓この2つだけは司会として絶対にやっちゃダメ❌
・司会が参加者に主導権を握られる
・静寂

1度こうなってしまったら持ち直すのは困難です

↓よくあるパターンがこちら
・意見を求めたが誰も発言せず静まる
・参加者が雑談を始めて止まらなくなる

◯ペースを奪われないために

(事前の下調べより)発言する人がいない、やる気のある人がいない場合

❌「意見ある人いますか?」「意見出してください」は避けるべき

どんなに意見を求めても、出ない状況ではなんと言おうと出ないんです

そんな状況でただ意見を求めてもはっきり言って時間の無駄
それどころか沈黙が起きるので、最悪の手段です

⭕️自分が用意しておいた意見を出し、「他にありますか」という形で聞く
自分の意見を場に出しておけば、仮に意見が出なかったとしても話し合いが止まる事態だけは避けられます

❌やる気のある人が少ない状態での参加者同士での話し合いはダメ
参加者が雑談を始めて話し合いがが進まなくなるのがオチです

あとがき(?)

この記事で紹介した方法はあくまで1人の考えですので、参考程度に取り入れてもらえたら幸いです
全て鵜呑みにするのではなく、使えるなって思った部分は取り入れて、違うなって思った部分は無視してください

まだ文章を書くことに慣れておらず、読みにくいとか伝わりにくい部分があると思います
それでもここまで読んでくれた方、ありがとうございました!

Twitter→https://twitter.com/machi1_official
是非フォローお願いします😊

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です